「聞ける俳句」は、
テレビ愛媛の夕方のニュースで
これまでに紹介された俳句を
『見て』『聞いて』
楽しんでいただけます。

監修:池内恵吾、神野紗希

  • 祖父の牛 名は菊という 鰯雲

    今日の俳句

    2021.09.17 放送

    作者:徳山千帆(西予市)

    祖父が自分の育てる牛につけたのは、「菊」という名前でした。日本的でゆかしい名前を与えられた菊は、穏やかでゆったりした牛になったでしょうか。鰯雲の季節は、野山に菊が咲くころです。その名にふさわしい秋の風景の中で、菊は堂々と草を食べています。牛を育ててきた祖父の、静かな愛に満ちた一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 洗車機を抜けて 鰯雲の夕べ

    今日の俳句

    2021.09.16 放送

    作者:柚木みゆき(和歌山県)

    洗車の前に見上げた空には、鰯雲が広がっていました。その白さが、洗車機の中で窓越しに見る泡の白さにつながります。洗車機を抜けて、もう一度現れた鰯雲は、今度は茜色に染まりかけていました。秋の夕陽は、つるべ落とし。この季節の日暮れの速さを、洗車機という日常的な素材を通して再発見しました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 目薬や 片目に写る いわし雲

    今日の俳句

    2021.09.15 放送

    作者:たわらご小濱節子(西予)

    目薬をさそうと思い、まず片方の目に。ふと空を仰ぐと、まだ目薬をさしていない片目の視野に、鰯雲が見えました。どこまでも広がる鰯雲だからこそ、片目で捉えたときに奥行きがどう感じられるか、想像力が刺激されます。片目で見るという発想も、「目薬や」という堂々とした書き出しも、新鮮で独自性がありました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 接種後の パンの味濃し いわし雲

    今日の俳句

    2021.09.14 放送

    作者:織部なつめ(松山市)

    新型コロナウイルスのワクチン接種後には、強い空腹感が出る人もいるそうです。接種を終えて齧ったパンに、小麦の味がしっかりと感じられました。免疫力をあげるために、体が栄養を求めているのかもしれません。鰯雲が秋の涼しさを連れてきて、ほっとひと息つく時間。社会にワクチンが行きわたり、安心して暮らせる日々が戻ることを願います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 猫の飲む 水にさざなみ 鰯雲

    今日の俳句

    2021.09.13 放送

    作者:酒井じゅん太(新居浜市)

    猫は舌をひらひらと使い、水面を舐めるように水を飲みます。その小さな刺激で生まれたさざなみに、目をとめて詠みました。力強い入道雲の季節は過ぎ、空には鰯雲がうすうすと広がっています。鰯雲は、秋の空を代表する雲です。さざなみの光と、鰯雲の光と。静かに生きる猫の姿を、秋の空気感の中に捉えました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

10月のお題は
「曼珠沙華」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで紹介させていただきます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「すべての俳句を聞く」が再生されます。

すべての俳句を聞く
掲載されている句がランダムで再生されます
すべて聞く/止める

最新の俳句

バックナンバー

監修の先生のご紹介

  • 池内恵吾

    池内恵吾(いけうちけいご)

    伊予郡松前町出身。松山南高校卒業。早稲田大学卒業 1959年フジテレビに入社。「小川 宏ショー」「3時のあなた」プロデューサーを経てフジテレビ退社後1984年愛媛放送(株)(現(株)テレビ愛媛)に入社。報道制作局長、取締役を歴任。1985年〜夕方ニュース「きょうの俳句」の放送原稿を担当。
    俳人協会 会員

  • 神野紗希

    神野紗希(こうのさき)

    松山市出身。松山東高時代に「俳句甲子園」で優勝。お茶の水女子大学卒業。東京を拠点に俳人として活躍し、NHK「俳句王国」司会「俳句さく咲く!」選者も担当。2015年から現代俳句協会の青年部長を務める。明治大学・玉川大学・聖心女子大学講師。句集に『星の地図』『光まみれの蜂』、著書に『日めくり子規・漱石』など。

pagetop